日本では避妊する方法としてコンドームなら完璧に避妊できると思われている女性・男性が多いと思います。しかし、それは間違いです。100%避妊というわけではないので男女共に理解しましょう。確実に避妊したいのであればピルを服用されることが一番ベストだと思います。女性だけではなく男性もピルに対して理解しましょう。

ピルを飲む女性の割合は?

日本で避妊法とし需要が最も高いのはコンドームとされていますが、実は海外ではピルで避妊をする人の割合が多いことがご存知でしょうか。
日本でコンドームの使用率が半数近いのに対して、ピルの服用は1~3%というデータが出ており、欧米諸国がアメリカなどの普及率の加えてダントツに低いことがわかります。
このように、日本がピルの服用後進国であり理由にはいくつかのことが考えられます。
まず、日本で低用量ピルが認可されたのは1998年とあまりに遅く、タバコの喫煙者により血栓症のリスクや副作用などが多く出る薬としてのイメージが定着し払拭できていないことがあります。
また、イギリスなどでは、無料でピルを手に入れることができるため年頃になると女性なら誰でもピルの服用習慣を身に付ける習慣が根付いていますが、日本では保険適用ができないため費用が高額になることもあり、また処方箋が必要な薬であるため、わざわざ医療機関に足を運ばなくてもコンビニでも手軽に購入できるコンドームでの避妊を考えてしまいがちとも言えます。
確かに、病気の予防としてコンドームは有効なこともありますが、コンドームでの避妊率は80%と低く、失敗して望まない妊娠をしたり人工中絶を受ける未成年も少なくありません。ピルは、避妊以外に重い生理痛やPMS、更年期障害などの症状の緩和や、子宮体がんや卵巣がんなどの女性にしかない臓器による病気の発生リスクなども下げる効果もあるので、避妊目的で服用する人も増えてきています。
しかし、コンドームのように手軽に手に入れることができず、処方箋でなければ購入できないのというのはなかなか手を出しにくいのも仕方ないといえます。
価格を下げたり、副作用や後遺症などの悪いイメージを取っ払わない限り、欧米のように日本でのピルの需要が高まるにはかなりの時間が必要と言えるのではないでしょうか。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧