住宅ローン借り換えの最適なタイミングと条件は?得する借り換えを実現!

- 借り換えたほうがいい人の条件

更新情報

借り換えたほうがいい人の条件

ローンの借り換えはした人全員が得をするわけではありません。
することによって逆に損する人もいます。

つまり、特定の条件を満たしている人でないと借り換えはしない方が良いのです。
借り換えをした方がいいその条件とは、主に3つあります。
一つ目は、現在借りている金利が高い人です。
例えば、段階金利があります。これは、住宅金融公庫から借りている方に多い金利です。11年目以降から段階金利が適用されるプランで借りている方が少なくないですが、段階金利は固定金利よりも高いという欠点があります。
そのため、固定金利に借り換える方が良いのです。
それ以外にも、借りた当時の金利よりも今の金利の方が安いという場合も検討するとよいでしょう。
具体的には、現在のローン残額が1000万円以上で返済期間が10年以上、そして適用されている金利と借り換えようとしている金利の差が1%以上ある場合には借り換えた方がお得です。

二つ目は、変動金利で借りている人です。
現在の日本は金利がとても低いです。そのため、住宅ローンの金利もほとんど底値に近い状態が続いているのが現状です。
折角の低金利を利用して変動金利でローンを組んでいる人が少なくないでしょうが、現在底値に近いという事は、長期的に見たら確実に金利がアップすることを指します。
もちろん、その金利がいつ上がるかは予測がつきません。
景気の変動を分析し、返済が終わるまでに景気が戻ると思うのかどうかで判断しなければなりません。
景気がどう移り変わるかはプロにもなかなか予測がつかないことですので、変動金利から固定金利に切り替えるかどうかは自己責任で判断しなければいけません。
三つ目は、生活が変化した場合です。
収入が増えたり減ったりした場合、それに合わせて月々の返済額を見直した方が良い場合もあるでしょう。
実際に借り換える前に一度住宅ローン シュミット君でシミュレートをしてみましょう。

ローンを借り換えるときにはタイミングが重要

ローンの借り換えはタイミングを逃すと、折角得をするために借り換えをするはずだったのに大損をしてしまう事も十分あり得ます。
例えば、以下の3つのような場合には特に注意が必要です。

一つ目は、収入が減りそうな時です。
ローンの借り換えをしようと思ったら、また新しく審査を受けなければいけなくなってしまいます。
この時に収入が低ければ有利な条件で借りることが出来なくなってしまいます。
そのため、収入が下がりそうだと思ったら、実際に収入が下がる前に借り換えを済ませておくことをお勧めします。
二つ目は、自身の体調です。
ローンを借りる際に勧められるのが、団体信用生命保険への加入です。
これは名前の通り生命保険の一種ですから、健康でないと加入することが出来ません。
加入することが出来なければ審査に通らない可能性が高くなってしまいます。
金融会社側としても返済が終わる前に倒れられては回収が面倒になってしまいますからね。
そのため、自分がまだ元気な時に借り換えを行っておきましょう。
まだ大丈夫と思っているうちに体調を崩したりしてしまう可能性があります。
最後は、日本経済です。
借り換えの基本は金利の低いときに行う事です。
そのため、長期的な金利の変動を分析してこれから景気がどうなっていくのかをきちんと見極めなければいけません。
金利が上昇する可能性が高いと思うのであれば、固定金利で契約すればよいでしょう。
金利に変動がない、もしくは下がると思うのであれば変動金利もしくは短期固定金利などがよいでしょう。
もちろん、将来の景気がどうなるのかは為替のプロなどでも正確に予測することはできませんから、一種の賭けとなるかもしれませんね。


Copyright(C)2014住宅ローン借り換えの最適なタイミングと条件は?得する借り換えを実現!All Rights Reserved.